早わかり☆DM作成特集~ダイレクトメール~

Home > dm(ダイレクトメール)について > dmは文字だけでなくて写真や動画も取り入れる

dmは文字だけでなくて写真や動画も取り入れる

 dmで宣伝することによって商品やサービスなどを多くの人が購入したり利用してくれる可能性がありビジネスにおいては重要です。
ダイレクトメールははがきや電子メールなどいくつかの方法がありますが、どちらの方法においても文字だけで宣伝しないようにします。
例えば電子メールの場合ですと文字だけで宣伝することになると文章が長くなるほど見る人が読むのがつらくなりますし、内容が把握しにくい可能性がありますからあまり宣伝効果が出ない可能性があります。
また、文字だけですとシンプルすぎて見た目においても興味を引くようなものではなくなりますから文字だけの場合ですと見てくれない人もいたり、メール会員を解除される可能性がありますからなるべく文字だけでダイレクトメールを作成するのではなくて写真や動画を活用します。


 はがきの場合は、動画を活用するのは厳しいですから写真を取り入れて商品を紹介します。
電子メールの場合ですと写真だけでなくて動画も取り入れながら商品やサービスを紹介すると見た人が分かりやすく高評価をもらえる可能性があります。
商品やサービスを利用する時にはまずはその内容を理解してから利用する人が多いですから分かりやすいダイレクトメールは宣伝効果が期待できます。
もちろん、商品やサービスを多くの人に利用してもらうためには商品やサービスの質が重要であり、良い物を提供しなければいけないですが、いくら良い商品を紹介しても見てくれた人がその商品やサービスについて理解してくれなかった場合は購入してくれないので商品やサービスについて理解してもらえるようなダイレクトメールを作成する事を心がけます。


 ただ、写真や動画を多く入れすぎて文字が少ないですと見た人も少し分かりにくいようになるので多く写真や動画を取り入れたらいいのではなくてあくまでバランスを考えてダイレクトメールを作成することが必要です。
文字でうまく説明できないような時に写真や動画を使って説明していくようにして無駄に多く写真や動画を多く取り入れないことも大事です。
また、写真や動画というのは内容を理解してもらいやすくするだけが目的ではなくて、メールやはがきの見た目が華やかになり明るい印象を与えることができるのもプラスです。
つまり、写真や動画があるだけでも興味を引く効果があるので見てくれる人を増やすためにも写真や動画を活用するのは大事です。
以上のように、うまく写真や動画を活用して興味を引くようなダイレクトメールにします。

次の記事へ