早わかり☆DM作成特集~ダイレクトメール~

Home > dm(ダイレクトメール)について > FAXdmや郵送でのダイレクトメールで商品やサービスをアピール

FAXdmや郵送でのダイレクトメールで商品やサービスをアピール

 潜在している顧客に対しての開拓手段で効果的なのは、昔からあるダイレクトメールを送る方法です。
名簿のデータを使い、外部のDMリストなどもフル活用をして、企業の商品への関心を持つ送付対象となるターゲットを探します。
商品に関心を持つ人の情報を集めてターゲットとしたら、的を絞ってあとはダイレクトメールを発送するだけです。
どのようなサービスがあるのか、自社商品に魅力があって関心を持ってもらいたいのかなど、多くの人にアピールをすることができます。
顧客別のターゲティングで企業としての目的を定めて、適した人たちにdmでアプローチを仕掛けていく方法です。
これまで企業の商品やサービスを利用した人には、新たに関心を持ってもらうためにもdmは活躍しますので、少し距離の空いた人にも思い起こさせるチャンスになります。


 誰でも一度は自宅の郵便ポストに届いたことがある、ダイレクトメールはもはや昔からおなじみのアピール方法です。
郵便物としてポストに届くお知らせであり、メール便で田久便が届けてくれることもあります。
企業やショップから個人宅へと直接発送をされる、商品のカタログやあらゆる宣伝広告です。
世の中の企業は様々な手法で顧客獲得や商品売り上げをしますが、ダイレクトメールもこうした宣伝や営業の一つのツールであり、小売店などあらゆるサービス業はよく使っています。
現代はネット社会ですから湯便物だけではなく、インターネットのメールでのダイレクトメールというパターンも多いです。
メールでのdmは手軽な送信ができるだけに多くの人に読まれていますが、簡単に削除もされやすいので、一長一短はあります。


 FAXdmという顧客へのアクションの方法もありますが、基本的にFAXはタイムリーな情報を贈ることができますし、数日をかける郵便とは異なりスピーディーです。
今の時代情報は瞬足で動くほどの早さですから、数日をかけて発送させるものよりも、FAを活用してダイレクトメールを送るのは時代にも合っています。
アピールをしたい原稿を用意できればその日にでも、FAXを利用して送りたい人たちへ情報を発信することができるので、郵送DMのように2週間や3習慣もかかるということがありません。
件数的にも10000件ほどならば業者を使えば、30分ほどでの配信をしてタイムリーな情報を届けることができます。
郵便で八酢をするとコストがかなりかかりますが、FAX利用の業者依頼だったらかなり安いのでコストが安いのも魅力的です。

次の記事へ