早わかり☆DM作成特集~ダイレクトメール~

Home > dm(ダイレクトメール)について > ダイレクトメール(dm)の開封率を上げるためにできること

ダイレクトメール(dm)の開封率を上げるためにできること

 会社のサービスを過去に利用したことがある顧客の情報は、データとして保管しているケースが多いでしょう。
新しいサービスを開始するときに、それらの顧客に宣伝を簡単におこなえるようにしてくれるのが、ダイレクトメール(dm)というシステムです。
住所と名前だけ分かっていれば、簡単に送ることができるため、手軽に宣伝ができると人気になっています。
しかし、顧客の数が多くなれば多くなるほど、ダイレクトメールを送付するのは大変になるでしょう。
送る数が少ないのなら、プリンターなどを使えば、会社内で作成することもできます。
しかし、大量に送るとなると、作成するだけでも大変な手間となりますので、専用に人員を割かなければいけない状況もあるでしょう。
そのような手間を発生させたくないのなら、業者を利用して、ダイレクトメールを作成することをおすすめします。


 ダイレクトメールを作成してくれる業者はたくさんあって、封筒タイプはもちろんのこと、圧着式はがきや往復はがきなども利用できます。
宣伝したい内容によって、選ぶべきものは変わりますので、もっとも宣伝効果が高そうな方法を選択しましょう。
なお、面倒な宛名書きもおこなってくれる業者もあるため、ダイレクトメールの作成を完全に任せられます。
ただし、任せるといっても、宛名の書体など決めなければいけないことはありますので、手を抜かないようにしましょう。
細かいところの手を抜いてしまうと、ダイレクトメールの開封率が下がってしまいます。
ちなみに、印刷して欲しいデータの入稿はインターネット上からおこなえるところがほとんどなので、会社から一歩も出ずに、理想のダイレクトメールを完成させることが可能です。


 ダイレクトメールを送るのならば、無難な広告にするのではなく、手にとってもらえるものを作成しなければいけません。
地味で目立たない茶封筒などを利用しては、読まずに捨てられる確率が高いのでやめておいたほうが無難でしょう。
そのため、中身の広告の工夫をするだけではなく、最初に目に触れることになる封筒やはがきにもしっかりとした工夫が大事です。
現在の業者ではカラーやデザインなどを工夫できますので、中にお得な情報が入っていることを最大限にアピールすることをおすすめします。
また、最近では中身が見える透明な封筒の利用も可能なので、目立ちたいのならそちらを活用するのもよいでしょう。
見てもらわなければ、せっかくのダイレクトメールが無駄になるため、確実に読んでもらえる手段を選ぶ必要があります。