人として過ごす上で避けられないものの一つが、人と人との関りです。家庭、職場、近所付き合い、学校など、多くの人が、人間関係の問題に悩んでいます。人生の大半を占めるのは仕事で人間関係の悩みが発生した場合、精神的なプレッシャーやストレスというものは相当なものでしょう。場合によっては、人間関係を理由に仕事をやめることを決意することもあります。自分の能力を存分に発揮するため、そして仕事を続けていくためには、人間関係を良好な状態に保ち、余計なストレスをためこまないことが大切です。人間関係を良くするために必要なことが、自ら積極的に挨拶をしてみることです。挨拶されれば相手も気分が良くなりますし、挨拶は私は敵ではありませんという合図にもなります。相手が挨拶しないからこちらも挨拶しないでは、関係は悪化する一方。自分からしっかりと挨拶することで人間関係で主導権を握ることができるだけでなく、コミュニケーション能力の上昇にも繋がります。

人間関係では、相手に過度な期待を持たないということが大切です。相手に期待すればするほど、自分の思うような結果が得られない時にイライラしたり、疲れを感じたりしてしまいます。相性が合わない人とは、必要最低限の報連相だけ取って、深い人間関係が築けなくても気にし過ぎないようにしましょう。仕事だからといって、みんなと仲良くする必要はありません。無理に仲良くする必要はないと考えることで人間関係のストレスが減り、仕事に集中できるようになっていきます。